〒360-0012
埼玉県熊谷市上之1990-1
TEL:048-529-1155
FAX:048-522-8155

熊谷市にある内科医院。内科、循環器科、呼吸器科、介護、通所リハビリ施設、デイケアのご案内。

経鼻内視鏡*鼻から入れる胃カメラ

鼻から入れる胃カメラ!
苦痛が少ない・吐き気がおこりにくい・検査中に医師と話ができる
経鼻内視鏡検査

 

経鼻内視鏡検査について
外径5.9㎜の細いスコープが開発され、鼻から胃カメラを挿入する事ができるようになりました。(口から挿入する胃カメラは9~10㎜)
口から胃カメラを入れると舌根部(舌の付け根)にスコープがあたり圧迫刺激するので「オエツ」となりますが、鼻から入れるとスコープが舌根部に触れないので、ほとんど吐き気をもよおすことなく検査を受けることができます。また、鼻から入れる場合は口を自由に動かせますので、検査医と「痛くありませんか?」「はい、大丈夫です」というような会話ができます。

 

鼻からの内視鏡検査では、舌根部(舌の付け根)にスコープが触れません。

胃の内視鏡検査では、食道から十二指腸上部まで観察でき、食道疾患・胃疾患・十二指腸・
膵管胆管の開口部の疾患を診断できます。


●検査の進め方

①口からの胃カメラと同様に胃の中の泡を取りのぞき、胃の中をきれいにするための薬を飲んで頂きます。
②鼻の孔に鼻腔を広げる薬を入れます。
③鼻腔に麻酔薬を注入します。
④鼻腔に麻酔薬を塗った柔らかいビニールの管を挿入します。
⑤鼻からゆっくり内視鏡を挿入し食道・胃・十二指腸と観察して行きます。

必要に応じて、粘膜の一部を採取する検査を加えることがあります。

●検査を受ける際の注意事項等

【検査前日】
夕食は普通にとられて構いませんが、夜9時以降は飲んだり、食べたりしないようにして下さい。 飲酒も控えて下さい。
【検査当日】
朝食は食べずにおいで下さい。(少量の水だけなら飲むことができます。)
お茶やジュースなども飲まないで下さい。


鼻の麻酔と検査時に、鼻に違和感もしくは痛みを感じる場合があります。
鼻腔が狭い方、鼻腔が曲がっている方がまれにいます。その場合は口からの検査になります。
検査後に鼻出血をおこすことがまれにありますが、ほとんどの鼻出血は鼻の圧迫で簡単に止まる軽いものです。

                                                                                         

 

 

ページトップへ戻る